メトペディア - メトロイド Wiki
Advertisement
メトペディア - メトロイド Wiki

アフローラルタイト』は、コロニー K-2Lで採掘されていた天然鉱石。惑星間航行に使用される宇宙船のエネルギー源として使用されていた。

解説

コロニー K-2Lで多く採掘される天然の鉱石。宇宙船のエネルギー源およびイグニッションモジュールとして最適とされ、銀河連邦の厳重な管理の下、K-2Lに派遣された採掘隊によって盛んな採掘活動が行われていた。

その高いエネルギー効率に注目した鳥人族が、メトロイドの育成に使用するエネルギー源としてアフローラルタイトを利用することを考え、採掘団の主任、ロッド・アランに対して借用するための交渉を行ったが、ロッドは現場の判断で資源をむやみに受け渡すことはできないとしてこれを拒否しており、鳥人族もその回答に同意を示している。また、スペースパイレーツもアフローラルタイトの価値の高さを十分に理解しており、最高指揮官であるリドリーは、K-2Lから感知された大量のエネルギー反応がアフローラルタイトであることを推察し、これを略奪するため、パイレーツの軍団を率いてK-2Lの採掘団を襲撃した。

アフローラルタイトは高エネルギー源であるがゆえに、軽微な熱光線が当たった場合でも直ちに誘爆する性質がある。ロッドはこの性質を利用して、パイレーツの宇宙船に積み込まれた、アフローラルタイトのコンテナにメンテナンス用のレーザー溶接器を照射して大爆発を引き起こし、自らの命を賭してパイレーツの部隊を全滅させた。

K-2Lの襲撃事件の後、アフローラルタイトが使用されていたかどうかについては定かではない。

登場作品

関連項目

物質一覧
気体 メタ・ヴィプリウムガス | ダークエーテルの大気 | Nohadin gas
液体 アシッドレイン | 塩酸 | ダークウォーター | 特殊溶解液 | ブリオジェル | | 有毒液 | 溶岩 | 緑色の強酸
固体 アフローラルタイト | アモライト | ウィザライト | クリスタル | | コルダイト | サンドストーン | | ゼーベタイト鉱石 | タロニック合金(タロリック合金) | デンジウム | ブリンストーン | ベンデジウム | モルジウム | ラジオン | Frigidite | Grobnite | Jovian Steel | Red magma crystal | Urthic Ore
フェイゾン系 フェイゾン | 未確認フェイゾン | 黒色フェイゾンクリスタル | フェイゾン鉱石 | フェイザイト | レッドフェイザイト
Advertisement