Fandom



この記事の名称は公式メディアの正式な呼称ではありません。
正式な名称が判明した場合、この記事は適切な名前に変更される必要があります。


エリア7』(Area 7) は、惑星SR388の地下5層目付近に位置するエリア。

解説

『Ⅱ』とそのリメイクの『サムスリターンズ』で雰囲気が大きく異なるエリア。このエリアには、3体ものオメガメトロイドが生息している。

各作品における特徴

メトロイドII RETURN OF SAMUS

初登場。エリア6 と地続きに接続されている。エリア全体が巣窟のような雰囲気となっている。道中にはノルフェア の一部エリアでも見かけられた泡が固まったようなオブジェクトがあちこちに散見される。合計3体のオメガメトロイド が生息している。

メトロイド サムスリターンズ

【鳥人族の研究所】
リメイク元である『II』のエリア7とは大きく雰囲気が異なる。『II』のおどろおどろしい雰囲気とは売って変わって、SR388のエリアの中で最も人工的な雰囲気となっている。
施設内には数多くの緑色の三角錐型のカプセルが各所に存在する。チョウゾメモリーの描写からカプセルの中にメトロイドが収められていたようである。一部のカプセルは破損しており、メトロイドの巣の元となる物質が漏れ出している。さらに、施設の通路内には凍結処理を施した形跡が見受けられる。これはメトロイドが冷気に弱いことに関連性がある。
また、メトロイド、モーフボールを映し出すホログラム装置があちこちに散見され、施設右部にはSR388を映し出すホログラム装置が存在する。
『Ⅱ』と同様、オメガメトロイドが3体生息している。

クリーチャー

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS

メトロイド サムスリターンズ

メトロイドとの戦闘

メトロイド サムスリターンズ

オメガメトロイド (3体目)
Area7 Omega Metroid 03 MSR
エリア最深部のアマダドラで塞がれた部屋に出現。他の個体よりも強化された亜種形態で、耐久力が高くなっている。

アイテム

メトロイド サムスリターンズ

ギャラリー

メトロイドシリーズのエリア一覧
メトロイド ブリンスタ | ノルフェア | 小ボスの部屋Ⅰ | 小ボスの部屋Ⅱ | ツーリアン
/ サムスリターンズ 地表 | エリア1 | エリア2 | エリア3 | エリア4 | エリア5 | エリア6 | エリア7 | エリア8
スーパーメトロイド スペースコロニー | クレテリア | ブリンスタ | ノルフェア | 難破船 | マリーディア | ツーリアン 
フュージョン メインデッキ | セクター1 SRX | セクター2 TRO | セクター3 PYR | セクター4 AQA | セクター5 ARC | セクター6 NOC | シークレットラボ 
ゼロミッション ブリンスタ | ノルフェア | クレテリア | クレイド | リドリー | ツーリアン | チョウゾディア 
Other M メインセクター | バイオスフィア | クライオスフィア | パイロスフィア 
プライム フリゲートオルフェオン | ターロンオーバーワールド | チョウゾルーインズ | ラヴァケイブス | アイスバレイ | フェイゾンマインズ | インパクトクレーター
ダークエコーズ 審判の門ルミナセウス | ルミナス大聖堂 | 砂と荒廃の地アーゴン | 水底に眠る神殿トーバス | 聖なる浮遊要塞ホレイト | 闇のルミナセウス | 闇のアーゴン | 闇のトーバス | 闇のホレイト | 暗黒の大空聖堂
ハンターズ セレスステーション | アリノス | ベスパー防衛基地 | アークテラ | オブリエット
コラプション 銀河連邦旗艦オリンパス | ノリオン | ブリオ | エリシア | ウルトラガス | 銀河連邦戦艦ヴァルハラ | フェイザ
フェデレーションフォース エクセルシオン | バイオン | タルバニア | ドゥームアイ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。