Fandom


オメガリドリーとは、リドリーの形態の一つ。メタリドリーが極度のフェイゾン汚染を受けたことで誕生した。

概要

惑星ノリオンでのサムス・アランとの戦闘において敗北したメタリドリーは、スペースパイレーツの手によって回収され、ウルトラガスにおいて更なるフェイゾン汚染を施され、より禍々しい姿で強化再生を果たした。惑星汚染の核であるシードにおいてサムスを待ち構えるが、激戦の末敗北。しかし爆発の際にサムスのフェイゾン汚染をさらに悪化させた。

オフィシャルデータ

オメガリドリー

メトロイドプライム3 コラプション

スキャン

極大汚染形態:オメガリドリー
表皮全体を装甲化。体内から、極度のフェイゾン汚染を感知しました。口部の弱点は、若干改善されており、脅威レベルは極めて高位です。

胸部装甲は、物理的パワーによって、開放可能です。

胸部にフェイザイトアーマーを生成。内部の接合部に脆弱性を感知。

体内のフェイゾンコアが露出。同質のエネルギー攻撃が有効です。

フェイゾンコアは、最大出力です。同質のエネルギー攻撃が有効です。

ログブック

惑星ノリオンでの戦闘で受けたダメージを回復し、表皮全体を装甲化しています。シードコアが施す強化過程で、新たな攻撃を獲得しています。同時に、極度のフェイゾン汚染により体内構造が変質、胸部にフェイゾンコアが形成されています。


登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。