Fandom


ガウロン』(Gawron) は、SR388に生息する小型クリーチャー。

解説

SR388に生息する小型クリーチャー。サムスが近づくと巣から飛び出して来て、体当たり攻撃をしかけてくる。多数の細長い牙のある口に、目と脚がついた外見をしている。床や天井などにある巣穴から無限に出現する。

各作品における特徴

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS

Gawron M2

巣穴から出現するガウロン

エリア1の遺跡入口手前にある、合計4つの巣の中から出現。サムスが近づくと巣穴から姿を現し、サムスの目線と同程度の高さまで上昇した後、横方向に直進して体当たり攻撃を行う。攻撃力値は8[1]
耐久力はかなり低く、ノーマルビーム1発でも撃破可能。倒した後には、エネルギーボールがドロップする場合がある。
また、1つの巣穴で10体のガウロンを倒すと謎の効果音が鳴り響き、以降その地点からはガウロンが出現しなくなる。一度他のエリアに移動して再び戻ってくると、元の状態にリセットされる。また、巣穴からガウロンが出現しないようになる現象を過度に引き起こすとバグが発生し、ゲームプレイに支障を来してしまう場合があるため注意が必要。

メトロイド サムスリターンズ

Gawron MSR

巣穴から出現し、サムスに狙いを定めるガウロン。

エリア4で初登場。流線形のフォルムを持ち、本体前面には鋭いトゲの生えた口があり、側面に合計4本の脚のような突起物が生えている。本体の色は緑色で、眼の色は青色。
通常は地面や壁などにある巣穴に潜んでおり、付近に敵を発見すると巣穴から出現。空中で一時停止して方向転換、狙いを定めた後、サムスに向かって高速で突進してくる。突進時のスピードは非常に速く、即座に対処するのは難しい。攻撃対象や壁などにぶつかったガウロンは、緑色の霧を散らしながら消滅する。
耐久力が低いため、容易に倒すことが可能。撃破後には、エネルギーボールなどの補給アイテムやエイオンオーブがドロップする。また、アイスビームで凍らせることで足場として利用することも可能で、スペースジャンプをスキップする際などに効果を発揮する。ただし、アイスビームを照射し続けると、砕けて崩れ落ちてしまう場合がある。また、メレーカウンターの打撃やライトニングアーマーでの接触などでも撃破可能。

オフィシャルデータ

取扱説明書

巣の中に集団で棲んでおり、サムスが近づくと次々と攻撃をしかける。

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS 取扱説明書


登場作品

豆知識

  • 『メトロイドⅡ』のテレビコマーシャルにも登場。アメリカンコミック調のイラストで描かれており、周囲を見渡すサムスの目前に突如として出現して襲い掛かったが、アームキャノンから発射されたビームであっけなく倒されている。『メトロイドプライムシリーズ』のように、接近するガウロンがバイザー越しに視認されている描写もある。

ギャラリー

関連項目

  • ユーミー - 『Ⅱ』に登場するクリーチャー。ガウロンと性質がよく似ている。

脚注

  1. ノーマルスーツ着用時のダメージ量。
メトロイドⅡ RETURN OF SAMUSに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | オートAD | オートム | オートラック | オクトロル | オメガメトロイド | ガウロン | ガンズー | ガンマメトロイド | クイーンメトロイド | クリーク | グルグ | グルバル | グロー | シールーク | シャーク | スコープ | ゼータメトロイド | セプトー | センジュー | チュート | ツムリ | ドリベル | ナード | ニードラー | パプー | ハラーサン | ピンサー | フラゾ | フリット | プロボ | ベビーメトロイド | マルカラ | ムンボ | メトロイド | メトロイドの卵 | メボー | モーシン | モヒーク | ユーミー | ユンボ | ラムキ | ロックアイシクル | TPO


メトロイド サムスリターンズに登場するクリーチャー一覧
原生生物 ナード | グルグ | モヒーク | ロックアイシクル | ツムリ | モーシン | ハラーサン | グルバル | ラムキ | パラビィ | フラゾ | フリーチ | チュート | ドリベル | ガウロン | グロー | メボー | ムンボ | X
メカノイド オートAD | ガンズー | パプー | オートラック
障害物 ウェブマーグル | アマダドラ | グリンコア | レッドプランツ | スティールオーブ
ボス マルカラ | ディガーノート | プロテウスリドリー
メトロイド メトロイド | アルファ | ガンマ | ゼータ | オメガ | クイーン | ベビー |
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。