Fandom



Scan Icon Red MP この記事はボスクリーチャーの「クレイド」について記述されています。

クレイド』(Kraid) は、ブリンスタ深部に生息する巨大生物。初代『メトロイド』ではサムスと同程度の身長しかない小柄なクリーチャーだったが、『スーパーメトロイド』以降の作品では巨体を活かした重量級のボスクリーチャーとなっている。

解説

ゼーベスブリンスタ深部(もしくはクレイドの部屋)に生息している、爬虫類型クリーチャー。全長約29フィートとゼーベス居住生物の中でも最大級の巨体を誇り、幼獣から成体になるまでに約60年もの歳月がかかるとされている。

頭部には2つの赤色の眼、額にも眼のような感覚器官があり、鼻先には小さな角がある。長い尾を地面に引きずりながら、強靭な後脚を使って二足歩行を行う。体があまりに大きく動作も鈍重であるため、積極的に歩行移動を行うことは少ない。未発達の長い前肢の先には2本の鋭い爪があり、勢いよく飛ばして攻撃に使用することもできる。肥大化した腹部には縦一列に3つの穴が空いており、そこからダガー状の鋭利な刃の付いた寄生生物[1]が突き出している。クレイドの意思でこの寄生生物を発射して外敵を攻撃することが可能。腕の爪や腹部の角は、射出した後すぐに新しいものに生え変わる。

鱗状の皮膚は耐光学シールドに匹敵する耐久性を持ち、サムスの持つあらゆる武装を完全に無効化する。唯一の弱点は口内部で、ミサイル系の武器を使用してダメージを与えられる。通常は口を閉ざしているが、額にある赤色の眼に打撃を加えることで、強引に口を開かせることが可能。頑丈な皮膚や巨大な体に対して耐久力は脆弱であり、弱点である口に向けて集中的に攻撃を行えば、比較的容易に撃破することができる。

スペースパイレーツの中でも幹部格の高い地位に位置付けられているようで、パイレーツ最高指揮官であるリドリーと共に、ゼーベスの中枢区画、ツーリアンへの道を守護するという重要な役割を与えられている。劇中の描写を見る限り、リドリーと比較して知能はあまり高くないと思われるため、実際はパイレーツの幹部としては扱われず、戦闘能力の高い原生生物を洗脳して拠点防衛の要として利用しているものと推測される。

各作品における特徴

メトロイド

Kraid M1

サムスの前に立ち塞がるクレイド

初登場。ツーリアンへの道を守護する小ボスとして、小ボスの部屋Ⅰの最深部に出現。本作のクレイドは後発のシリーズ作品とは異なり、サムスと同程度の大きさとなっている。取扱説明書に掲載されているコンセプトアートなどでは、全身が毛に覆われた生物として描かれている。腹部から発射する鋭い角と、回転しながら飛んでいく爪を利用して攻撃する。これらの物体は破壊は不可能だが、アイスビームで凍らせることが可能。空中で凍結している間は、次の角が生成されることはない。サムスの持つすべての武器が有効だが、縦方向3列に射出される角によって武器が弾かれてしまうため、戦闘時には苦戦を強いられることとなる。特に中段の角はサムスの武器の射線上に位置するため、アイスビームで凍らせるなどの対策を立てる必要がある。
撃破に成功するとアイテム取得ファンファーレが鳴り響き、75発分のミサイルを獲得することができる。また、ブリンスタ右上部に設置されたクレイドの像が起動、ツーリアンへ続く道のトリガーの1つとして機能する。
同エリアにはクレイドのフェイク個体である偽クレイドも出現する。外見や攻撃方法などがよく似ているが、本体の色が茶色・青色のツートンカラーで、攻撃力・耐久がはるかに低い。こちらは倒しても特に何も起きない。

スーパーメトロイド

ブリンスタ最奥部にボスとして登場。全身が緑色の鱗に包まれた大型爬虫類のような外見となり、ゲーム画面に収まりきらない程の巨体を獲得している。戦闘部屋の地面にはトゲの付いたツタ植物が生い茂り、接触するとダメージを受ける。サムスが部屋に入ると、地響きを立てながら地下から出現。この段階では上半身のみが露になっており、細長い腕や口から吐き出す小さな岩で応戦する。弱点は口の中で、ミサイルもしくはスーパーミサイルでの攻撃が有効。
口に向けて一度ダメージを与えると、激昂したクレイドは天井を突き破ってさらに巨大化。歩行移動で活発に動き回り、腹部から発射するトゲ状の生物や回転飛行する爪などで積極的に攻撃を行うようになる。空中に点在する足場や射出されるトゲの上を乗り継いで部屋の上方に向かい、クレイドの口を狙ってミサイル攻撃を繰り返し行う必要がある。致死量のダメージを受けると、クレイドは咆哮を上げながら地下深くへと崩れ落ちていき、地面一帯に生い茂っていたトゲの付いた植物が消滅して先に進めるようになる。奥にある小部屋では、アイテム『バリアスーツ』を取得できる。さらにクレテリアに設置されたクレイドの彫像が反応して、合計4つあるトリガーの1つとして機能する。
また、クレイドの出現する部屋の前の通路上に、初代『メトロイド』にも登場していた偽クレイドが登場する。サムスと同程度の体長で、一部書籍などではクレイドの幼獣として紹介されている。

メトロイド ゼロミッション

クレイドのボスとして登場。初代『メトロイド』のリメイク作品だが、時系列を考慮して『スーパーメトロイド』と同様の巨大な爬虫類方生物としてデザインされている。公式サイトなどでは目覚めた巨獣生物と紹介されている。

メトロイド (マガジンZ)

第15話「爪牙」に登場。同じ時系列の『ゼロミッション』の個体とよく似た外見的特徴を有しており、ゼーベスに単身潜入したサムスを撃退するため、マザーブレインによって送り込まれた巨大生物としてサムスと戦いを繰り広げる。耐光学シールドに匹敵する皮膚でサムスのパワービームを弾き返し、腹部から射出した寄生生物で彼女の動きを封じた後、後足を使って踏みつぶそうとした。しかし、サムスの使用したボムの爆発によって後足を損傷、狼狽している隙を突いてクレイドの本体を駆け登ってきたサムスによって、弱点の口内にミサイルを撃ち込まれてあえなく敗退した。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

Website Gallery Brinstar Depths SSBU

ステージ「ブリンスタ深部」に出現するクレイド (スマブラSP)

『DX』『SPECIAL』の2作品に収録されたステージ「ブリンスタ深部」の背景に出現。ステージ最下部にある溶岩の海から定期的に姿をあらわして、爪の付いた腕を高く上げてから一気に振り下ろし、ステージを大きく回転させる。『DX』のモデリングは『スーパーメトロイド』の個体を参考にしていると思われるが、原作以上に不気味かつ巨大な姿となっている。『SPECIAL』では約16年ぶりにステージが復活。グラフィックの向上に伴いステージデザインが一新され、クレイドの外見も『ゼロミッション』に近いものに変更されている。行動パターンなどは『DX』のものとほとんど変わりない。『DX』ではクレイドのフィギュアも収集可能。
Kraid Dojo 03 SSBU

クレイドの重戦車流道場 (スマブラSP)

最新作の『SPECIAL』では、新しく導入された『スピリッツモード』にも登場。No.283のマスタースピリットで、アドベンチャーモードでのみ取得可能。『スーパーメトロイド』のアートワークが使用されている。スピリッツ戦では、クレイドを模した巨大キングクルールと体力制乱闘を行うことになる。これに勝利すると、マップ上にクレイドの道場が解放される。この施設に任意のスピリッツを預けると、攻撃力・防御力が上昇する反面、移動速度・ジャンプ力がダウンする『重戦車流』の流派を付与することができる。「ギャルルルル」「ガオッ」などといった、マガジンZ版『メトロイド』の個体を髣髴とさせる単純な叫び・唸り声で会話を行う。

オフィシャルデータ

取扱説明書

小ボスの部屋Ⅰの主。腹から角を飛ばし、背中からもくるくる回る角を飛ばす。攻撃力は強く、やられるとかなりのエネルギーを奪われてしまうので注意。

メトロイド 取扱説明書


巨体から繰り出すトゲ状の生物と口から吐く岩で攻撃してくる。その体はビーム、ミサイル、ボムいずれの武器にもびくともしない。弱点はどこだ?

スーパーメトロイド 取扱説明書


要塞惑星ゼーベスに棲む、最大の敵。腹、指先から爪を飛ばす。攻撃力が高い。

メトロイド ゼロミッション 取扱説明書


書籍

クレイドがよみがえった!
以前、ゼーベスで完膚なきまでにたたきつぶしたクレイド。やつが、新たなる力とともによみがえった。
大地をゆるがし、想像を絶するほどの威圧感でせまってくる。あのでかい口に飲みこまれたら、かみつぶされることだろう。
スーパーミサイル・セット!

任天堂公式ガイドブック スーパーメトロイド サムス・アランの2時間59分


クレイド/ブリンスタ/全長: 約29フィート

ゼーベス星で発見された最も巨大な生物。大型の爬虫類としては珍しい2足歩行だが、前肢の発達は乏しく、したがって知能も未発達と考えられている。注目すべきは腹部からはき出される鋭利な触角で、これは射程も長く、たいへん危険だ。成獣になるまでに約60年かかるといわれているが、現在すでに幼獣の生息も1体確認されており、今後も追跡調査の必要がありそうだ。

ゲーム・オン! 1994年5月号 スーパーメトロイド特集 THE BIOLOGY OF ALIENS


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

「メトロイド」のボス敵。
ブリンスタの奥底に潜む。
3つの赤い目で敵をとらえ、
アゴはなんでもかみ砕く。
腹に潜むトゲ状の生物は、
飛び道具となり獲物を狙う。
クレイドやリドリーを倒すと
彼らのシンボルが変化。
マザーブレインが待つ
ツーリアンへの道を開き、
サムスをいざなう。

大乱闘スマッシュブラザーズDX フィギュア説明文


登場作品

豆知識

ギャラリー

脚注

  1. 文献によっては「角」「触覚」などと記述されている。
  2. [1]

関連項目


メトロイドに登場するクリーチャー一覧
ウェーバー | ガメト | ギガ | クレイド | ゲルーダ | サイドホッパー | ジーマ | ジーラ | スクウィプト | スクリー | ゼーベタイト | ゼブ | ゼボ | ソーバ | デスギーガ | ドラコーン | 偽クレイド | ビオラ | ポリプ | ホルツ | マザーブレイン | マルテビオラ | メム | メラ | メトロイド | メロ | リオ | リドリー | リッパ | リッパⅡ | リンカ
スーパーメトロイドに登場するクリーチャー一覧
アウッチ | アトミック | アルコーン | ウェーバー | エテコーン | エビア | オウム | カーゴ | カクタック | ガドラ | ガメト | ギガ | キハンター星人 | グラップラー | クレイド | クロコマイアー | ゲルーダ | 剣山トラップ | コーベン | コズミック・バグ | サイドホッパー | 作業ロボット | サムスイーター | シーザ | ジーマ | ジーラ | シャクトール | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | スポア・スポーン | ゼーベス星人 | ゼーベタイト | ゼブ | ゼボ | ゾア | ソーバ | ゾーロ | ダチョラ | タトリ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ドラコーン | トリッパ | ドレイゴン | ナミヘ | 偽クレイド | ビーム砲台 | ビオラ | ビトン | プロミネンス | ファントゥーン | フーネ | プヨ | ブル | プロミネンス | プワンプ | ベビーメトロイド | ホタリー | ボツーン | ボヨン | ポリプ | ホルツ | マグドール星人 | マルテビオラ | メタリー | メタルジーマ | メタルゼーベス星人 | メトロイド | メトロイドモドキ | メム | メラ | メロ | ヤード | リオ | リッパ | リッパⅡ | リンカ | ローリングストーン
メトロイド ゼロミッションに登場するクリーチャー一覧
アトミック | ウェーバー | ガドラ | ガメト | カラームツーター | カラームツーターの実 | ギガ | キル・ギル | クレイド | ゲルーダ | サイドホッパー | 作業ロボット | ジーマ | ジーラ | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | ゼーベス星人 | ゼブ | ゼボ | ソーバ | 大軍神 | ディオルム | デスギーガ | ドラコーン | バリスト | ビオラ | ポリプ | ホルツ | マザーブレイン | マルテビオラ | ムーア | メーアイ | メーマ | メカリドリー | メトロイド | メラ | メロ | メロの巣 | リオ | リドリー | リッパ | リッパⅡ | リンカ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。