Fandom




コロニー K-2L』(K-2L) は、銀河連邦の管理下にあるコロニー星。宇宙船のイグニッションモジュールとして最適とされる、アフローラルタイトの採掘が行われていたことで有名。

解説

惑星間航行が盛んになり、宇宙船は人々の生活の基盤となっていた。K-2Lでは、その宇宙船の主エネルギー源となる「アフローラルタイト」が多く採掘されるため、サムスの父であるロッド・アランを主任とする銀河連邦の採掘団の入植地とされた。

採掘されたアフローラルタイトは、そのすべてが銀河連邦の管理下に置かれる。

メトロイドの製造の用途でアフローラルタイトを借りるために訪れた鳥人族を追跡していたリドリー率いる宇宙海賊に発見され、襲撃を受ける。ロッド・アランの手によって宇宙海賊の母艦は撃沈されたものの、入植者は皆殺しにされ、サムス・アランだけが生き残った。

地理

採掘場の付近は森林で覆われている。森林にはリスのような原生生物が生息していることが確認できる。

高エネルギー源であるアフローラルタイトが豊富に採掘でき、大気圏外からでもエネルギー反応を感知することができる程である。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。