Fandom


シーゴース』(Sheegoth)は、ターロンⅣアイスバレイで最強とされる肉食動物である。

解説

アイスバレイには様々な生物が存在するが、その生態系の頂点に立つのがこのシーゴースである。ベビーゴースが成長した姿と考えられる[1] が、背中の弱点は消えむしろエネルギーを吸収する巨大なクリスタルが形成されている。このクリスタルは大抵のビームを吸収するが、プラズマビームだけは吸収できずダメージを与えることができる。

攻撃手段としては、ベビーゴースと同じく冷気弾の発射である。背中で吸収したエネルギーと呼気を用いて放ち、これを受けた獲物は凍結する。しかし発射後は欠乏した酸素を補うために口が無防備となり、一時的にダメージが通る。また、腹部は常時柔らかいため、ボムでの攻撃が有効である。なお、パワーボムの攻撃には耐えきれず一発で倒すことができる。

各作品における特徴

メトロイドプライム

初登場。最初はアイスバレイのボスの一体として、アイスチャペルにて出現する。先に現れるベビーゴース4体を倒すと部屋の奥から出現し、戦闘となる。通常ルートではパワービームしかビームがない状態で戦うため、戦術としては冷気弾発射後の口を攻撃するか、腹部をボムで攻撃するのが基本となる。倒すとウェイブビームが入手できる。また、プラズマビーム入手後はアイスドームにも出現するが、先述の通りプラズマビームかパワーボムで容易に倒すことができ、扱いも通常のザコ敵と変わらないので無視しても問題ない。

大乱闘スマッシュブラザーズX

フィギュアとして収録されている。

オフィシャルデータ

ログブック

シーゴース

メトロイドプライム

スキャン

爬虫形態:シーゴース
アイスバレイで最強とされる、捕食動物。

ログブック

背中にエネルギーを吸収可能な特殊クリスタルの甲羅を持ち、ビームの攻撃を無効化します。 超低温の呼気と背中で吸収したエネルギーを変換した冷気弾を口から放出して、攻撃します。 放出後、欠乏した酸素を補うための呼吸を行う間、口が無防備な状態となります。 頑丈な背中とは対照的に、腹部は大変やわらかく、衝撃を受けやすくなっています。


フィギュア説明文

惑星ターロンⅣアイスバレイのアイスバレイで最強とされる捕食動物。
エネルギーを引き寄せ吸収する特殊クリスタルの甲羅を持ち、ビームの攻撃を無効化する。
吸収したエネルギーは冷気弾に変換され、口から放出される。
放出後、欠乏した酸素を補うため呼吸を行う。
この間に無防備となる口と柔らかい腹部が弱点である。

大乱闘スマッシュブラザーズX フィギュア説明文「シーゴース」


登場作品

脚注

  1. 英語版ログブックでは、ベビーゴースは「Baby Sheegoth」である。

関連記事

ギャラリー

メトロイドプライムに登場するクリーチャー一覧
群生生物 パラサイト | スカラベ | ターロンクラブ | ルミゲック
陸棲生物 ターロンビートル | アイスビートル | ジャイアントビートル | ズーマー | ギーマー | トライクロプス | アイスパラサイト | メタルパラサイト | メタルハット | クリステル | オーキュラス | ベビーゴース | シーゴース
潜伏・不動生物 ストライカー | アイスストライカー | バロワー | アイスバロワー | アイボール | ストーントード | マグドリーテ | パドルスポア | アクアザップ
飛行・浮遊生命 ターロンワスプ | ブラッドワスプ | ポイズンワスプ | ワスプハイブ | ターロンブリンカ | フリッカーバット | グリッパー | パッファー | メタルパッファー | パルスボルテックス | スキャッターボルテックス | チョウゾゴースト
植物 サップサック | アクアサック | スネークウィード | ポイズンウィード | ブラッドフラワー | ブラストチャブ | ニードルシードル | スパンクバイン | アクアリーパー | レッドスターバスト | サターナイン | グローイングスパイダーバイン
メカノイド ビームタレットKT-0687 | ビームタレットRT-1831 | ドローン | ドローンDv-Ⅰ
パイレーツ スペースパイレーツ | シャドウパイレーツ | フライングパイレーツ | アクアパイレーツ | パワートゥルーパー | ウェイブトゥルーパー | アイストゥルーパー | プラズマトゥルーパー | エリートパイレーツ | フェイゾンエリート
メトロイド ターロンメトロイド | ハンターメトロイド | デバイドメトロイド
ボス パラサイトクイーン | ハイブトーテム] | アサルトバーナAO-1837 | フラーグラ | サーダス | ドローンMk-Ⅱ | オメガパイレーツ | メタリドリー | メトロイドプライム
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。