Fandom



Scan Icon Red MP この記事は組織としての「スペースパイレーツ」について記述されています。


スペースパイレーツ』(Space Pirate) は、銀河社会において様々な海賊行為を行う犯罪組織。『宇宙海賊』『パイレーツ』とも呼称される。

解説

惑星間交易が活発化した時代において、その交易を狙い海賊行為を働くものが現れるのは必然であった。しかしスペースパイレーツと呼ばれる組織は、単なる犯罪組織にとどまらず、銀河系を征服せんと企み銀河連邦と対立するテロ集団でもあった。彼らの行った一連の行動は銀河に多大なる影響を及ぼし、特に彼らが発見した放射性物質、フェイゾンを巡る事件は複数の惑星に甚大な被害をもたらした。幾度となくサムス・アラン及び銀河連邦に敗れ、最終的に本拠地であった惑星ゼーベスをサムスによって完全に破壊され、組織は壊滅状態となった。

歴史

前史

スペースパイレーツと呼ばれる組織がいつごろ成立したのかは定かではない。しかしサムスが幼少期を迎えるころには各地を襲撃し、リドリーを司令官としていたのは確かであろう。

ゼーベス占領

ゼーベスは鳥人族が本拠地としていた惑星で、通常であれば過酷な環境と強固な岩盤に守られていて攻めるのは容易ではない。しかしパイレーツには勝算があった。鳥人族が作り上げ、ゼーベスを管理していたスーパーコンピューターであったマザーブレインがこちらに寝返ったのだ。

メトロイド強奪

コスモ歴20X5年、銀河連邦はSR388にてメトロイドと呼ばれる浮遊生命体を発見した。この生命体は強力なエネルギー吸収能力を持ち、防ぐすべは存在しない。またベータ線を当てるだけで簡単に分裂し、ほとんどの攻撃に対して耐性を有する。生物兵器としてこの上なく理想的なものであった。この情報を知ったパイレーツは調査船を襲撃、メトロイドを強奪しゼーベスへと持ち帰った。ほどなくして、銀河連邦警察の捜索によりゼーベスが本拠地であることが明るみに出、軍の総攻撃を受けることとなった。しかし頑強な要塞によって持ちこたえ、パイレーツはメトロイドの増殖を進めた。この生物兵器を以て銀河連邦を壊滅させるのは時間の問題かと思われた。

ゼロミッション

事態を憂慮した銀河連邦は、銀河最強と言われるバウンティ・ハンターであるサムスにゼーベスへの潜入及びマザーブレインの破壊を依頼した。サムスは鳥人族の遺産を活用しつつ要塞を攻略し、クレイドを撃破した。またマザーブレインはサムスの存在に気付いてマザーシップに乗船中のリドリーを呼び寄せたが、これも撃破されツーリアンへの道を開くことになった。そしてサムスはメトロイドを駆除しつつ最深部へと迫り、マザーブレインも抵抗むなしく破壊されツーリアンは自爆した。
だが、ツーリアンの自爆から逃れるサムスのスターシップをパイレーツの戦闘機が放ったレーザーが捉えた。スターシップはゼーベスへと墜落、精神集中を解いていたサムスはパワードスーツを失う事態に陥った。活路を開くべくサムスはマザーシップへと潜入したが、状況はパイレーツが圧倒的に優位である。しかし圧倒的優位にありながら、パイレーツは生身のサムスに翻弄され、最終的に遺跡最深部への侵入を許してしまう。そこでサムスは伝説のパワードスーツを獲得、状況は完全に逆転してしまった。パワーアップしたサムスの前にパイレーツは為すすべもなく蹂躙され、さらにはマザーシップ内部にてメカリドリーを破壊され、その自爆機能でマザーシップを失う事態に陥った。
かつてパイレーツに両親を殺められ、第二の故郷も奪われた存在であるサムスに、手痛いしっぺ返しを食らったパイレーツは以後彼女を最大の敵として扱うようになる。

フェイゾン発見

サムスがマザーブレインを破壊した際、その難を逃れた艦隊が軌道上にあった。彼らは二手に分かれ、一方はゼーベスの再建に、もう一方は新たな拠点を探すため飛び立った。このうち、後者はスパイラル・セクターを走査中にターロンⅣから莫大なエネルギー放射を得、そこで突然変異を引き起こす放射性物質、フェイゾンを発見する。フェイゾンを用い、惑星の生物からメトロイド、更には同胞までもを実験台として研究を進めていくパイレーツであったが、大きな問題に直面していた。フェイゾンは惑星に落下した隕石から発生していたのだが、隕石は鳥人族のアーティファクト神殿によって完全に保護されており、どうしてもそこに到達できなかったのである。フェイゾンを安定的に手に入れるためには隕石そのものを確保しなければならない。パイレーツが封印を突破できずに悪戦苦闘する中、大きな事故が起きた。軌道上のフリゲートオルフェオンに保管されていた実験体、パラサイトクイーンが暴走し船が大破したのである。そしてその中で発信された救難信号をとらえたのが、サムスであった。
彼女は船へと侵入しパラサイトクイーンを撃破したが、この時ゼーベスで撃破したはずのリドリーと遭遇することになる。爆発するオルフェオンの中で事故に巻き込まれ能力を喪失したサムスであったが、スターシップで脱出に成功し飛び立ったリドリーを追ってターロンⅣへとたどり着くことになった。パイレーツはサムスの侵入を知ると防戦に努めたが、まずアイスバレイの研究施設を攻略され、さらにフェイゾンマインズにおいて最大の研究成果であるエリートパイレーツ及びオメガパイレーツを撃破されてしまう。そしてサムスはアーティファクト神殿においてメタリドリーと交戦しこれを退け、汚染源であるメトロイドプライムの撃破に成功した。かくしてパイレーツのフェイゾンを巡る最初の作戦は失敗に終わった。

エーテルにて

ターロンⅣに部隊が展開したのと同時期、エーテルにもフェイゾン反応を感知したパイレーツは、そこに採掘部隊を展開した。だが、パイレーツが到達したときにはエーテルの環境は一変していた。そこにいたはずの高度な知的生命体は絶滅寸前で、磁気嵐が激しく通信もままならないうえに、フェイゾンはどこにも見当たらなかった。不安が高まる中、パイレーツは次元の歪みにダークビームを照射することでダークエーテルへの到達を可能とした。そこで彼らはようやくフェイゾンを発見したが、問題もあった。ダークエーテルを支配するイングがパイレーツを格好のスナッチ対象としたのである。特にコマンドパイレーツは豊富な武装とワープ能力がイングに好まれ、積極的にスナッチされた。更にダークサムスがエーテルに現れ、フェイゾンを奪い出した。パイレーツは何度となく基地を襲撃され、フェイゾンのみならずステルス装置を奪われ、あわや連邦軍に基地を発見されかねない事態になった。こうした困難にもめげずフェイゾン採掘を進めたパイレーツであったが、更なる問題が降りかかる。エーテルへと向かっていたパイレーツの輸送船が、パトロール中の銀河連邦軍ブラボー中隊に捕捉され撃墜されてしまったのだ。
追撃したブラボー中隊もエーテルの磁気嵐にとらえられ、墜落しその後全滅することになるが、パイレーツとしては連邦軍の更なる攻撃を警戒せざるを得なかった。しかしながら、ブラボー中隊の捜索に現れたのはサムスであった。ダークサムスをサムス本人と誤認していたパイレーツは混乱したが、フェイゾン供給を条件にダークサムスと提携することも視野に入れていた。だが、それが実行されないうちにサムスはアーゴンのパイレーツ基地に到達してしまった。結果、基地をサムスに攻略されたばかりか、ホレイトで集めたフェイゾンもダークサムスに奪われ、フェイゾンの存在するダークエーテルまでもがサムスによって消滅させられた。パイレーツの採掘計画はまたも失敗に終わったのである。

洗脳

銀河連邦はエーテルでの事件の報告を受けると、戦艦をエーテルに派遣しパイレーツ基地の解体を行った。これを防ぐべくパイレーツは戦艦コロッサスをエーテルに向かわせたが、彼らが到着した時には既に銀河連邦はエーテルを発っており、フェイゾンも一定量を確保されてしまった。しかし、銀河連邦はフェイゾンをすべて回収できておらず、かなりの量が残っていたためそれをコロッサスは回収した。ところが、コロッサス内でフェイゾンを吸収してダークサムスが蘇った。ダークサムスはフェイゾンを全て吸収すると瞬く間に船内の乗組員三割を抹殺、残りを新たに身に着けた洗脳能力で従えてしまった。そしてコロッサスを掌握したダークサムスはいったんフェイザへと赴きリバイアサンを連れてくると、そのワームホール生成能力を用いて船をフェイザへと向かわせた。フェイゾンに関する様々な知識を身に着けた乗組員は、まず自らの船をフェイゾン動力のものへと改良、さらにリバイアサンを生きた戦艦へと改造し強力な武装を得た。これらを用いてダークサムスはまず、トレーニング航海中であった銀河連邦軍戦艦「ヴァルハラ」を襲撃させその乗員を全滅させた。その上でヴァルハラに搭載されていたオーロラユニット313を奪い、フェイザとリンクさせた。これによりオーロラユニットを通じたフェイザの制御が可能となり、リバイアサンが自在に送り出せるようになった。そしてダークサムスはフェイゾン汚染拡大の第一号として、パイレーツの本拠地ウルトラガスを選んだ。リバイアサンの接近を知ったウルトラガスのパイレーツは迎撃しようとしたが、強力な対空兵器を持たない彼らにはリバイアサンの破壊は不可能であった。かくしてウルトラガスはフェイゾン汚染され、そこにいたパイレーツもみな洗脳された。

戦端

オーロラユニットをフェイザにリンクさせたことの副産物として、銀河連邦のオーロラユニット間のネットワークもフェイゾン汚染され停止していた。このため、連邦は4人のバウンティ・ハンターにネットワークの復旧を依頼したが、これとほぼ時を同じくしてパイレーツの攻撃が始まった。まず銀河連邦旗艦オリンパスを襲撃すると、連邦軍がそこの対処に追われている間にノリオンブリオエリシアの三つの惑星にリバイアサンを放った。だがノリオンには強力な超長距離対空キャノンが配備されていたため、メタリドリーを含む部隊で基地を襲撃しその機能を停止させる作戦をとった。ところがハンターたちの手で機能は回復されてしまい、メタリドリーも撃破された。ダークサムスはハンターたちがキャノンを起動させるのを妨害したが、結局ノリオンに到達するはずであったリバイアサンは途中で撃破された。しかし残りの二つの惑星は制圧に成功した。惑星に到達したリバイアサンはパイレーツの手によってシールドが張られ、容易に侵入できないようにされた。さらにダークサムスが放ったフェイゾンは、確実にハンターたちの体を蝕んでいたのであった。

フェイゾンの消滅

ノリオンでの攻防から2、3週間ほどたったころ、ダークサムスの攻撃で意識不明となっていた三人のハンターが目覚め、銀河連邦の手によって付けたされたPEDを武器に、ランダスゴアはパイレーツに制圧されたブリオ、エリシアをそれぞれ奪還に向かい、ガンドレイダはパイレーツ基地の捜索を行った。しかし1週間ほどたったころ、三人とも途中で体内のフェイゾンが暴走し、ダークサムスに洗脳されパイレーツの司令官となった。それから1週間後、サムスが目を覚ました。サムスはオーロラユニット242の依頼を受け、まずブリオに向かった。パイレーツは途中ランダス自らがサムスを襲撃したが排除され、最終的にシードも破壊され汚染は食い止められてしまった。そしてサムスはエリシアに向かうと、オーロラユニット217を汚染から回復させた。これを受けてゴアはオーロラユニットのスカイタウンとの接続を遮断し、更にサムスのスターシップを襲撃したが、サムスとの戦闘に敗れた。エリシアシードもスカイタウンの一部を用いた捨て身の作戦でシールドを破られ、リバイアサンはサムスの手で葬られた。折悪しく銀河連邦はガンドレイダの足跡からパイレーツの本拠地であるウルトラガスを発見、サムスをこれに潜入させた。彼女はガンドレイダの罠にかかるも辛くも撃破し、基地の防衛機能を無効化して連邦艦隊の総攻撃を可能とした。かくしてウルトラガスのパイレーツは総崩れとなり、シードが破壊され惑星は完全に連邦に制圧された。
しかしながら、パイレーツはしぶとくフェイザにおいて体勢を立て直そうとしていた。ウルトラガスの軌道上に停泊していたリバイアサン戦艦を掌握した連邦軍は、ワームホール生成能力を用いてフェイザへの総攻撃を仕掛けた。激しい戦いとなったが、その隙間を縫ってサムスのスターシップはフェイザへと降り立った。ダークサムスは自らサムスを洗脳しようとしたが、惑星と直結したオーロラユニット313と一体化していた状態で敗北した結果、フェイザそのものが爆発をはじめ、それはすべてのフェイゾンにも連鎖していった。パイレーツ艦隊はその爆発に巻き込まれ全滅の憂き目にあった。こうして、フェイゾンを巡るパイレーツの一連の野望は終焉した。

バミューダ星系での陰謀

フェイゾンを巡る一連の戦いに敗北するのと前後して、パイレーツは辺境のバミューダ星系で別の計画を進行させていた。

宇宙科学アカデミー襲撃

フェイゾン汚染されたパイレーツが全滅したのち、ゼーベスの要塞は以前よりも広大かつ複雑な構造として再建された。マザーブレインも復活し、以前よりも戦闘能力を向上させた。徐々に組織が復活する中、サムスは惑星SR388においてメトロイドを一匹を除いて根絶させていた。唯一の生き残りとなったベビーメトロイドは宇宙科学アカデミーに送られ、銀河の平和のために研究対象となった。しかし、その情報をかぎつけたパイレーツはアカデミーを襲撃した。緊急信号を受け取って駆け付けたサムスが見たものは、全滅した研究員と暗闇に光るリドリーの目であった。リドリーはサムスと戦闘を繰り広げたが、ある程度のダメージを負わせると素早くベビーを連れて研究所を離脱した。パイレーツは再びメトロイドを確保したのだ。

ゼーベスの最期

アカデミーからベビーを奪取したパイレーツは、さっそく増殖を開始した。ベビーについては実験を繰り返した結果、異常に肥大化した「スーパーメトロイド」と呼ばれる状態へと変貌させた。だがサムスもパイレーツを追いゼーベスに降り立っていた。新たな能力を獲得しつつ、サムスは要塞の各地で戦いを続けた。ブリンスタのクレイド、難破船ファントゥーンマリーディアドレイゴン、そしてノルフェアのリドリーという4体の生物がツーリアンへの道を守護したが、それぞれサムスによって撃破された。ツーリアンでマザーブレインはメトロイドを差し向けてサムスを葬ろうとしたが、これはことごとく撃破された。そして最深部にてマザーブレインとサムスの最後の戦いが行われたが、以前とは全く異なる状況となった。途中までは動けないマザーブレインに対してサムスは優位に戦えていたが、保管容器が破壊されたマザーブレインは醜い手足を生やしサムスを圧倒的な戦闘力で追い詰めたのだ。とどめに強烈な光線を浴びたサムスはもはや立ち上がることもできず、虫の息であった。だがパイレーツとマザーブレインには痛恨の誤算が生じた。マザーブレインが最後の一撃を加えようとしたその時、スーパーメトロイドがマザーブレインを攻撃したのだ。エネルギーを大幅に吸い取られ一時的に活動を停止したマザーブレインであったが、しばらくして活動を再開すると、未だ動けないサムスに覆いかぶさりエネルギーを分け与えるベビーメトロイドに対して容赦なく攻撃を加えた。そしてついにベビーメトロイドを葬ったが、サムスが立ち上がった。アームキャノンから連射されるハイパービームの前にマザーブレインは幾度となく悶絶し、息絶えた。マザーブレインの破壊と同時に要塞は自爆を始め、パイレーツはサムスを道連れにしようと必死の抵抗を試みたが、ハイパービームの前では無意味であった。結局サムスはゼーベスを脱出し、パイレーツはゼーベスの消滅と運命を共にした。こうしてパイレーツのサムスとの戦いは幕を閉じたのであった。

その後

ゼーベスとマザーブレインを失ったスペースパイレーツは、もはや宇宙の歴史からは顧みられなくなった。だがボトルシップにおいて、銀河連邦軍過激派はサムスから採取したゼーベス星人等の細胞から、パイレーツを模した軍事組織を作る試みをしていた。だが、これはMBの暴走によって本物さながらの凶悪な組織へと変貌した。これらはボトルシップの破壊と共に葬られた。

組織構成

組織には複数の種族が存在することが確認されているが、目的のために手段を選ばない残虐性は共通である。また、リドリーが司令官であることは明らかであるものの、その他にツーリアンを守護していたボスたちが組織にそもそも加入しているのか、また加入しているならばどのような地位にあるのかは不明である。『プライム』や『プライム2』の段階では「司令部」なる上層部の存在が明らかにされているが、これがウルトラガスに存在したのかは明らかではない。

技術力

高い技術力を有しており、サムスの武器を解析してトゥルーパーの開発に役立てたり、生物への安定したフェイゾン注入法を確立したりするなど、様々な形でサムスと銀河連邦に牙をむいた。もっとも、サムスのモーフボールに関しては再現に失敗し悲惨な事故を起こしている。

オフィシャルデータ

公式サイト

惑星ターロンⅣにあった突然変異誘発物質「フェイゾン」の研究実験施設をサムスに破壊されたスペースパイレーツでだったが、別の一軍が惑星エーテルにもフェイゾン反応があることを突き止める。フェイゾンの軍事転用をもくろむ彼らは惑星エーテルに小型基地を作り調査を始めるが、彼らもまた初めて出遭うイングの襲撃を受け、発掘調査は難航していた。

メトロイドプライム2 ダークエコーズ オフィシャルサイト


Q. スペースパイレーツについて質問です。彼らは作品中で、幾つか異なる姿の者が存在しますが彼らスペースパイレーツは単一の種族で構成されているのでしょうか。それとも幾つかの異なる種族が集合して成り立っているのでしょうか。お答えお願いします。 (hiro 18才男性)
A. 悪い奴らが種族を超えて手を結んだというイメージです。類は友を呼ぶ・・・ということですね。 (坂本)

METROID ZERO MISSION OFFICIAL SITE METROID FAQ 14


Q. スペースパイレーツはかなり前から宇宙征服を実行していたと思われるのですが、いかほど宇宙征服が進んでいるのでしょうか。また、どれほどの参加者がいて、どのくらいの戦力を持っているのでしょうか. (銀河連邦軍対スペースパイレーツ部隊特務機動隊副官 15歳男性)
A. 彼らの頭の中では、銀河連邦とサムスさえ倒せば宇宙征服はほぼ終了になる見込みのようです。 パイレーツは宇宙の様々な場所に散らばっていますので、全体的な戦力や人数を知るのは難しいです。

メトロイドプライム2 ダークエコーズ オフィシャルサイト Q&A No.075


登場作品

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。