Fandom


ゾーロ』(Zero / Zoro) は、地面を這う昆虫型クリーチャー。

解説

芋虫のようなつ節足動物で、地上や壁面などにはりついて這いまわる。高温多湿な環境を好む傾向があり、ゼーベスブリンスタノルフェアTROバイオスフィアなどで存在が確認されている。微小なトゲの生えた甲殻に身を包んでいるが、耐久性は比較的低く、低威力の武器でも難なくダメージを与えられる。主な攻撃手段は体当たりだが、口から糸を吐き出して攻撃に使用することもある。

ゾーロはスペースパイレーツを構成する昆虫型エイリアン、キハンター星人の幼虫で、蛹の過程を経て、飛行能力を持つ成体へと変態することが判明している。

各作品における特徴

スーパーメトロイド

Zoro and Samus SM

地上を這うゾーロ (スーパー)

初登場。ブリンスタ赤土湿地エリアノルフェアの一部の部屋にのみ出現する。本体の色は薄緑色。地面や壁面に沿って這い回るだけで、攻撃行動は取らないが、移動中のゾーロに触れるとダメージを受ける。接触ダメージ値は40。耐久力はかなり低く、サムスの持つすべての武器が有効。地面を這う性質上、ボムなどの武器が特に有効となっている。倒した後にはエネルギーボールパワーボムアモがドロップする傾向がある。
ゾーロいる地点の近辺には、透明な抜け殻のような物体が存在する。このことから、昆虫のように脱皮を行うことで成長することが推察できる。当時はゾーロがキハンター星人の幼虫であるという設定はまだなかったらしく、出現エリアが異なるなど、両者の間に特に関連性は見られない。

メトロイド フュージョン

Double Zero-X MF

2種類のゾーロ (フュージョン)

セクター2 TROにのみ出現。Xが擬態した姿であり、オリジナルとは異なる性質を持つ。本体の色は赤色で、全身の甲殻に無数のトゲが生えている。『スーパーメトロイド』に登場した個体とは行動パターンが若干異なり、地上や壁にはりついて移動、壁などにぶつかると方向転換して逆方向に移動する。また、一定のダメージが蓄積されると移動スピードが上昇する。移動中のゾーロに接触するとダメージを受けてしまう。サムスの持つすべての武装が有効だが、ゲーム序盤の敵にしては耐久力が比較的高く、近距離チャージビームなどの高威力の攻撃手段を使用する必要がある。撃破後には擬態が解除され、元のXの姿に戻り周辺を浮遊する。
さらに赤色の通常種に加えて、青色の上位互換種も登場。この個体は耐久力が極度に高く、接触ダメージも高めになっているため、通常種と比べかなりの難敵となっている。擬態しているXは強力な特性を持つ赤色のXで、吸収すると大半のエネルギー・アモを回復可能。

METROID Other M

Samus Standing in Kihunter's Nest MOM

咆哮に共鳴するゾーロ達 (Other M)

熱帯環境を再現したバイオスフィアにのみ出現。甲殻の色は赤茶色で、目の色は青色。全体的に丸みを帯びたフォルムで、『フュージョン』の個体のように甲殻に小さなトゲがまばらに生えている。
キング・キハンター星人の巣がある生体実験フロアで初遭遇することになり、巣の内部に入って着地した直後、サーチングビューを起動して地面を注視すると、ひしめき合う多数のゾーロが確認できる。落ち着いた状態のゾーロ達だったが、謎の生物が発した鳴き声に共鳴してゾーロ達は活性化、それと同時にゾーロ達を守るようにキハンター星人の集団があらわれ、サムスに襲いかかる。この戦闘にはゾーロは参加しない。キハンター星人の巣から抜け出して先に進むと、通路上でゾーロと遭遇することになる。
本作のゾーロは、他作品と比較して甲殻の防御力が非常に高く、ビームやミサイルなどを弾き返す。ボムパワーボムの爆発が有効。また終盤で入手するプラズマビームスクリューアタックであれば容易に撃破できる。低威力の武器で数回ほど攻撃を受けると、ゾーロは糸を吐き出してすばやく蛹の状態となり、すぐさま成体のキハンター星人にまで成長を遂げる。長い時間をかけて変態していた『フュージョン』の個体とは比べ物にならないほど急速な成長である。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

Samus Carrying Zero SSBWU

ゾーロを持ち運ぶサムス (スマブラ for Wii U)

ステージ「パイロスフィア」に登場。3体ほど同時に出現して、ステージ上を動き回る。接触してもダメージは受けないため、放置しても特に害は無い。アイテムのように手に持つことが可能で、他のファイターに投げつけて投擲アイテムのように使用できる。なお出典作品の『Other M』では、ゾーロは高熱環境のパイロスフィアには出現しない。

オフィシャルデータ

書籍

ビームやミサイルが効かない硬い体を持つクリーチャー。モーフボール状態になってボムを繰り出せばダメージを与えられる。動き自体はとても遅い。

任天堂公式ガイドブック METROID Other M


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

「メトロイド」シリーズに出るキハンター星人の
幼生体。硬い外骨格に覆われた節足動物だ。
「スマブラ」では、パイロスフィアステージに
出現する。画面の上から落ちてきて、ゆっくりと
移動するだけで、とくに何もしてこない。拾って
投げれば、相手やリドリーに攻撃できるほか、
持ったままでいると自分がふっとびにくくなる。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U フィギュア説明文


登場作品

ギャラリー

関連項目


スーパーメトロイドに登場するクリーチャー一覧
アウッチ | アトミック | アルコーン | ウェーバー | エテコーン | エビア | オウム | カーゴ | カクタック | ガドラ | ガメト | ギガ | キハンター星人 | グラップラー | クレイド | クロコマイアー | ゲルーダ | 剣山トラップ | コーベン | コズミック・バグ | サイドホッパー | 作業ロボット | サムスイーター | シーザ | ジーマ | ジーラ | シャクトール | スカルテトラ | スクウィプト | スクリー | スポア・スポーン | ゼーベス星人 | ゼーベタイト | ゼブ | ゼボ | ゾア | ソーバ | ゾーロ | ダチョラ | タトリ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ドラコーン | トリッパ | ドレイゴン | ナミヘ | 偽クレイド | ビーム砲台 | ビオラ | ビトン | プロミネンス | ファントゥーン | フーネ | プヨ | ブル | プロミネンス | プワンプ | ベビーメトロイド | ホタリー | ボツーン | ボヨン | ポリプ | ホルツ | マグドール星人 | マルテビオラ | メタリー | メタルジーマ | メタルゼーベス星人 | メトロイド | メトロイドモドキ | メム | メラ | メロ | ヤード | リオ | リッパ | リッパⅡ | リンカ | ローリングストーン
メトロイド フュージョンに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | アウッチ | イシュタル | ウェーバー | エビア | エテコーン | オメガメトロイド | カーゴ | ガドラー | ガンマメトロイド | キハンター星人 | 金色の鳥人像 | ゲドゥ | ゲルーダ | ゲルバス | ゲロン | ゲロン (空調システム) | コア-X | コールドX | サイドホッパー | ザザビー | サムスイーター | シーザ | ジーマ | ジーラ | ジェネシス | スカルテトラ | ゼータメトロイド | ゼーベス星人 | ゼーベス星人(金) | ゼーベス星人(水中) | ソーバ | ゾーロ | ゾゾロ | ゾンビのような研究員 | ダチョラ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ナード | ナイトメア | ナミヘ | ネオリドリー | ハラーサン | バリアコアX | フーネ | プヨ | ブル | プワンプ | ボクス | マルカラ | ミミック | メトロイド | メム | モーシン | ヤード | ヤメーバ | リオ | リッパ | SA-X | X
METROID Other Mに登場するクリーチャー一覧
小型 リオ | ヒムラ | メラ | ウェーバー | スクリー | サイクロー | ジュリオン | スカルテトラ | ジーマ | スノーマ | ソーバ | ゾーロ | ブル | ヒートブル | グリッパー | ポイズングリッパー | FGⅡ-グラハム | FG-1000 | リングビームユニット
中型・大型 サイドホッパー | デスギーガ | バリスト | ヴォルフォン | フラワナ | ドラゴティクス | ギガエール | サンドファング | グルガンジー | ファンブルアイ
その他 マザーブレイン | ベビーメトロイド | ポウ | ヅル | ワッジ | リトルバード | ジーマホログラム | ゼーベス星人ホログラム
エイリアン ガルマン星人 | グリプト星人 | グリプト星人・ストロンガー | キハンター星人 | メイジ・キハンター星人 | サイボーグゼーベス星人 | サイボーグゼーベス星人・エリート | アスボロー星人 | マグドール星人 | カイラス星人 | レドギア星人 | デスバルク星人
ボス ヒュージ・バラッグ | ナミヘ&フーネ | キング・キハンター星人 | 謎のクリーチャー | ゴヤケード | RB-176 | バラモーク | リドリー | ナイトメア | クイーンメトロイド | メトロイド | ファントゥーン
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。