Fandom



ダークエーテル』(Dark Aether) は、異次元世界において惑星エーテルと同一の座標に存在した惑星である。エーテルとは惑星エネルギーを分け合う存在であり、一方にエネルギーを集約するともう片方が消え去る。この惑星の支配者であるイングはエーテルのエネルギーを奪いつくすあと一歩まで来ていたが、最終的にサムス・アランの手でエネルギーを奪われ、ダークエーテルは消し去られた。

解説

エーテルにフェイゾンを含んだ隕石が衝突した際、その衝撃とフェイゾンと集約された惑星エネルギーが作用し、異次元への扉を開いた。そしてエーテルと同一座標に誕生した惑星がダークエーテルである。ダークエーテルはエーテルと相似形をなし、その大気以外は類似した地形を有した。この惑星において支配的地位を占めたのはイングであり、イングは自らの環境をより安定したものとするべくエーテルの惑星エネルギーを奪おうとした。そしてその目論見はほぼ成功し、中心部であるルミナセウスのエネルギーを奪いさえすればダークエーテルはその存在を確実なものにできるところまで来ていた。しかしながら、その最終段階でサムスが現れ、エネルギー転送モジュールを手に入れてしまった。サムスはルミナスの依頼を受けアーゴン、トーバス、ホレイトのエネルギーを奪還し、更に暗黒の大空聖堂において最後のエネルギーを奪取することに成功した。エネルギーを失ったダークエーテルは急速に崩壊し、その短い一生を終えた。

地理

地形は基本的にエーテルと同様である。

オフィシャルデータ

ログブック

惑星ダークエーテル

メトロイドプライム2 ダークエコーズ

ログブック

惑星:ダークエーテル
エーテルと相似形を成す不安定な惑星。別次元の同座標に存在。 ポータルを通過することでライトエーテルとの行き来が可能です。 フェイゾン反応を多数確認。
エーテルと重なるように存在し、通常の次元では、その存在を確認できません。 フェイゾンの強い反応が各地に認められます。


脚注


関連項目

メトロイドシリーズの天体・人工天体一覧
FS-176系 FS-176 | ゼーベス | ターロンⅣ | オーマインⅡ | ビリウム | ツインタブラ
ダーシャ星系 エーテル | ダークエーテル
テルリアン系 ノリオン | ブリオ | エリシア
ガフラー系
ボルトリック系 ウルトラガス
テトラ銀河系
(アレンビッククラスター)
アリノス | アークテラ | セレスステーション | ベスパー防衛基地 | オブリエット(虚空)
バミューダ系 エクセルシオン | バイオン | タルバニア
人工施設 スペースコロニー | BIOLOGIC宇宙生物研究所 | ボトルシップ
エクストリーム銀河 アウツーロ | マール
その他 SR388 | フェイザ | コロニー K-2L | ヴォー | ベスⅢ | フィリジス | アリエスⅢ | ウォタンVII | ジョビアXII | ナイシー | ジグラード | ジャモル | リベルデ | ディグレイド | サカード星域 | ジャスダム
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。