FANDOM



君が到着するまでに、被害はより深刻なものとなった。
犯人は、ここで飼育研究されていた「ナイトメア」だ。
奴は、旧銀河連邦軍が開発した、半機械生物兵器だ。
並外れたパワーと、重力を操る能力を持っている。
CPU


ナイトメア』(Nightmare) は、旧銀河連邦軍が開発した巨大生物兵器。重力を自在に操作する能力を有している。

解説

旧銀河連邦軍の一部過激派が極秘裏に開発した半機械生物兵器。生体部位を格納している箱型の本体装置、先端部からコード類がはみ出している機械製の巨大な腕、重力操作デバイスの付いた尻尾にあたる部位から構成されている、奇妙なビジュアルとなっている。装置に内包された生体部は緑色のゲル状の皮膚と6つの眼を持つ奇怪な顔つきをしており、この部位が弱点となっている。そのため通常は金属製のマスクで生体部を覆い隠してこれを保護している。マスクにはつぎはぎの顔のような模様が付いている。

兵器として開発されたナイトメアは、高い戦闘能力を有している。中でも特筆すべきは重力操作能力で、尻尾に付随しているモーター型重力操作デバイスを利用して、周囲の重力の大きさ・ベクトルを自在にコントロールすることが可能。また、両腕に装備している連装ビーム砲による砲撃、生体部から発射する強力な直進型レーザー、ターゲットを自動追尾するホーミング弾、敵の攻撃を吸収する小型ブラックホールの生成など、豊富な武装を取り揃えている。見た目以上に機動力が高く、その巨体から繰り出される突進攻撃は驚異的な威力を持ち、接近戦でも侮れない。さらに高い耐久性能を誇り、撃破するためには高火力の武器を必要とする上、一度倒されても再稼働して襲いかかるなど、驚異的なスタミナと執念深さを持ち合わせている。

各作品における特徴

メトロイド フュージョン

Nightmare's Silhouette MF

背景を移動するナイトメアの影

B.S.Lの寒冷セクター、セクター5 ARCに出現する。サムスがARCで『アイスミサイルデータ』のダウンロードを完了後、セクター入口にあるナビゲーションルームに戻る道中で、背景の裏側を巨大な影が音を立てて横切る様子を確認できる。この影の正体こそがナイトメアであるが、この時点ではその姿を見ることはできない。
その後、生体反応の調査やメインサイロの停止など、B.S.L施設内のトラブルに対処していたサムスだが、コンピュータから何者かの手でARCが破壊され被害が拡大しているという報告を受け、現場へと急行した。コンピュータの分析の結果、ARCで飼育研究されていたナイトメアが原因不明の暴走を遂げ、データルームを完全に破壊した後、今なお破壊活動を続けているという事実が判明した。Xに寄生された疑いがあり、コントロール不能となったナイトメアはあまりに危険すぎるため、コンピュータはサムスに対してこの暴走兵器の破壊命令を下した。オーダーを受けたサムスはナイトメアを探すため、ARCに再び潜入。破壊されたデータルームの先にある通路を進んでいくと、廃棄されたジャンクパーツ・ダクトが複雑に絡み合った背景が広がる、縦長の部屋に到達する。サムスが地面に降り立つと地響きが発生、部屋の床下からナイトメアが出現、戦闘になる。

第1段階

ナイトメアとの戦闘は大きく2段階に分けて繰り広げられる。最初の段階での弱点部位は赤色に発光するモーター型デバイスで、チャージビームアイスミサイルを当てることでダメージを与えられる。この弱点は強固な両腕によってガードされているため、攻撃の際にはナイトメアの下部から武器を狙い撃つか、懐に潜り込む必要がある。
Nightmare Controlling the Gravity MF

重力を操作するナイトメア

戦闘開始直後、ナイトメアは部屋の中を上下に浮遊移動しながら、腕に備わった三連ビーム砲を発射して攻撃する、単純な行動パターンを取っている。このとき弱点部位にダメージを与えると、ナイトメアは重力操作を開始。周囲の重力が大きくなり、サムスの動きがスローダウンして身動きが取りづらくなるほか、スペースジャンプも使用できなくなる。さらにこの重力は物体に大きく作用する性質があり、アイスミサイルを使用すると少しだけ滞空した後すぐに地面に落下、ターゲットに着弾しなくなっており、武器として機能が失われている。ビームウェポンはこの重力の影響を受けないため、チャージビームを主体とした戦法を取るとよい。このときナイトメアは部屋の下方で山なりに上下移動を行いながら、腕から不規則にビームを発射して攻撃を行う。

第2段階

Nightmare 2nd Form MF

崩れ落ちた顔を露出させる

モーターが破壊されると、ナイトメアの本体に取り付けられたマスクが崩れ落ち、内部に隠されたグロテスクな顔が露出。、第2戦闘段階となる。この段階のナイトメアはゆっくりとサムスに向かって浮遊移動を行い、ある程度距離を詰めるとそこから離れ、空中を高速移動してサムスを狙い突進を仕掛けるという、変則的な攻撃パターンへとシフトする。このときの弱点は露出した顔で、左側の壁に設置されたはしごを利用して位置取りを行い、チャージビームやミサイルを連続射出して集中砲火を行うとダメージを与えられる。相手が突進攻撃のパターンに入った場合は、スペースジャンプや歩行移動を駆使してうまく回避、所定の位置までナイトメアを誘導して行動をキャンセルさせるとよい。
ダメージを与え続けると顔の色が緑色→黄色→赤色と順に変化、顔の形状もだんだんと崩れ落ちて醜悪な姿となっていく。耐久力が非常に高く、撃破には相当量のチャージビーム・ミサイルが必要とされる。ダメージを与えきると両腕が爆発して消滅、本体部分が擬態元のコア-Xの姿に戻り、サムスに向かって突進してくる。ミサイルで外殻を破壊してコア-Xを体内に吸収すると、『グラビティスーツ能力』が覚醒。サムスのフュージョンスーツが紫色のカラーリングとなり、スーツの防御性能や液体中での機動力が大幅にアップ、探索可能な範囲が拡大される。

オフィシャルデータ

ギャラリー

【ナイトメア】グラビティ系モンスター

ナイトメアは登場時装置と一体化している
装置を引きちぎって登場するので腕の先からコードがはみ出ている

顔の部分が弱点となっておりサムスの攻撃で徐々に変化してゆく

METROID Other M ギャラリー ART 68


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

銀河連邦軍の一部過激派が極秘開発した、
悪夢という意味の名を持つ生物兵器である。
たしかに、6つの目をもつ生体部分の顔は、
早ければ今宵の夢に出てきそうな不気味さ。
だが、その顔から目をそらしてはいけない。
生体部分に狙いを定めて攻撃することで、
邪悪な6つの目に、逆に悪夢を見せてやろう。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U フィギュア説明文


登場作品

ギャラリー

脚注


関連項目

メトロイド フュージョンに登場するクリーチャー一覧
アルファメトロイド | アウッチ | イシュタル | ウェーバー | エビア | エテコーン | オメガメトロイド | カーゴ | ガドラー | ガンマメトロイド | キハンター星人 | 金色の鳥人像 | ゲドゥ | ゲルーダ | ゲルバス | ゲロン | ゲロン (空調システム) | コア-X | コールドX | サイドホッパー | ザザビー | サムスイーター | サムスイーター(つぼみ) | シーザ | ジーマ | ジーラ | ジェネシス | スカルテトラ | ゼータメトロイド | ゼーベス星人 | ゼーベス星人(金) | ゼーベス星人(水中) | ソーバ | ゾーロ | ゾゾロ | ゾンビのような研究員 | ダチョラ | チュート | 鳥人像 | デスギーガ | ナード | ナイトメア | ナミヘ | ネオリドリー | ハラーサン | バリアコアX | フーネ | プヨ | ブル | プワンプ | ボクス | マルカラ | ミミック | メトロイド | メム | モーシン | ヤード | ヤメーバ | リオ | リッパ | SA-X | X
METROID Other Mに登場するクリーチャー一覧
小型 リオ | ヒムラ | メラ | ウェーバー | スクリー | サイクロー | ジュリオン | スカルテトラ | ジーマ | スノーマ | ソーバ | ゾーロ | ブル | ヒートブル | グリッパー | ポイズングリッパー | FG-Ⅱ グラハム | FG-1000 | リングビームユニット
中型・大型 サイドホッパー | デスギーガ | バリスト | ヴォルフォン | フラワナ | ドラゴティクス | ギガエール | サンドファング | グルガンジー | ファンブルアイ
その他 マザーブレイン | ベビーメトロイド | ポウ | ヅル | ワッジ | リトルバード | ジーマホログラム | ゼーベス星人ホログラム
エイリアン ガルマン星人 | グリプト星人 | グリプト星人・ストロンガー | キハンター星人 | メイジ・キハンター星人 | サイボーグゼーベス星人 | サイボーグゼーベス星人・エリート | アスボロー星人 | マグドール星人 | カイラス星人 | レドギア星人 | デスバルク星人
ボス ヒュージ・バラッグ | ナミヘ&フーネ | キング・キハンター星人 | 謎のクリーチャー | ゴヤケード | RB-176 | バラモーク | リドリー | ナイトメア | クイーンメトロイド | メトロイド | ファントゥーン