メトペディア - メトロイド Wiki
Advertisement
メトペディア - メトロイド Wiki


ブリオジェル』(Fuel Gel)は、主に惑星ブリオで産出するジェル状物質。宇宙船の燃料などとして広く利用されるエネルギー源である。

解説

 おもに惑星ブリオで産出する、黄金色のジェル状の化学物質。エネルギー資源としての高い利用価値を持ち、サムスのスターシップをはじめ、宇宙船の燃料などの用途に銀河社会で広く利用されている。
資源として精製される前の自然状態のブリオジェルは、特定種の金属と接触すると急激に発熱する性質をもつ。そのためサムスが接触すると大ダメージをうけてしまう。また高い揮発性をもち、高温で発火し、低温で即座に凍結する。前述のとおり主にジェル状の液体の形で存在しているが、気化したガスや一定の年月を経て凝固した樹脂状の固体も存在する。
ブリオジェルから受けるダメージはハザードシールド獲得後は無効化される。

エネルギー源として高い性能をもつが、フェイゾンには変換効率の面で劣っているとされる。ブリオの生物の中には、ブリオジェルのプールを住処としたりジェルそのものを生命活動に利用する種も確認されている。


海外版における設定

英語版では単に”Fuel Gel"という名称になっており、惑星ブリオ原産ではなくごく一部の惑星から少量が産出するエネルギー物質という設定になっている(ブリオには特異的に多量に存在する)。産出する惑星はかなり繁栄する傾向があり、最大の産出地である惑星ブリオのジェルによる収益の一部は、ブリオを保護する連邦軍部隊に直接送られている。

高い資源的価値をもつFuel Gelは海賊行為の標的となりやすく、輸送船団に対する襲撃は一般的になっている。そのため連邦は船団護衛やFuel Gelの産出する惑星への艦隊や地上部隊の駐留などにリソースを割いているとされる。


オフィシャルデータ

ログブック

ブリオジェル

メトロイドプライム3 コラプション

スキャン

ブリオジェル: ブリオ原産の燃料ジェルです。高温になると発火し、低温では凍結します。

ログブック

ブリオジェルは、惑星ブリオで発見されて以来、あらゆる星で燃料として利用されています。 特に精製されたブリオジェルはこの10年、銀河連邦軍の主力エネルギー源として、使用されてきました。 ただし、精製前のブリオジェルは、特定種の金属に触れると化学反応を起こし高温を伴うため取り扱いには注意が必要です。


登場作品

ギャラリー


脚注


関連項目


物質一覧
気体 メタ・ヴィプリウムガス | ダークエーテルの大気 | Nohadin gas
液体 アシッドレイン | 塩酸 | ダークウォーター | 特殊溶解液 | ブリオジェル | | 有毒液 | 溶岩 | 緑色の強酸
固体 アフローラルタイト | アモライト | ウィザライト | クリスタル | | コルダイト | サンドストーン | | ゼーベタイト鉱石 | タロニック合金(タロリック合金) | デンジウム | ブリンストーン | ベンデジウム | モルジウム | ラジオン | Frigidite | Grobnite | Jovian Steel | Red magma crystal | Urthic Ore
フェイゾン系 フェイゾン | 未確認フェイゾン | 黒色フェイゾンクリスタル | フェイゾン鉱石 | フェイザイト | レッドフェイザイト
Advertisement