ブリオニアン』は、惑星ブリオの知的生命体の一つ。

概要

惑星ブリオにおいて繁栄した知的生命体。科学を崇拝する者たちは高度な科学文明を築き上げたが、その一方で原始的な営みや古来の慣わしを尊ぶ原始民族たちとの対立を悪化させ、戦争を引き起こした。戦争の結果、敗北した科学を崇拝する者たちは滅亡し、ブリオニアン遺跡群にその痕跡を残すのみとなっている。一方で原始民族は野蛮に成り果て、結果としてレプティリカスになったと考えられる。

歴史

思想

科学を崇拝する者たちは科学万能の思想を持っており、発展に反対する原始民族を顧みず開発を促進した。これが戦争の原因となっており、のちに事の顛末を記録したブリオニアンの科学者は誤りを認めている。

技術

個体名

登場作品

豆知識

  • 「ブリオニアンの記録」は戦争を生き延びた一人の科学者の目線で記録されているが、その最後において原始民族の預言者の女性がその許を訪ね、事故により居場所が悟られてしまった科学者は自らの研究成果を預言者に持たせて逃がしたということが語られている。この預言者の女性のその後の顛末は不明である。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。