ボムスロット』(Bomb Slot) は、あらゆる施設に設置されている特殊デバイス。

解説

中央に円形のスロットがある装置で、スロット部分に振動などのエネルギーを感知すると起動し、連動する別の装置を起動させることが可能。サムス・アランがボムスロットを利用する際には、大抵、モーフボールに変形してスロット部分に密着し、ボムを使用して小爆発を起こすことで装置を作動させる。

ボムスロットは様々な惑星・施設で存在が確認されており、設置されている場所によって形状もまちまちである。

通常のボムスロットは発光部位が点灯しており、いつでも利用することが可能だが、機能を一時的に停止して使用不可能になっているボムスロットも一部存在する。こうしたボムスロットは、他の連動する装置を操作したり、対応する起動装置にスキャンバイザーを使用してアクセスしたりすることで機能を回復することが可能。

オフィシャルデータ

ログブック

ボムスロット

メトロイドプライム

スキャン

ボムスロット:
点灯していれば作動中です。

ログブック

モーフボール状態でスロット部分に密着し、ボムを使用すると爆破振動を感知します。 これをトリガーとし、連動した別の装置を起動させることが可能です。

ボムスロット

メトロイドプライム2 ダークエコーズ

スキャン

ボムスロット: 点灯していれば作動中です。 モーフボール状態でスロット部分に密着し、ボムを使用すると、連動した別の装置の起動が可能です。

ログブック

モーフボール状態でスロット部分に密着し、ボムを使用すると、これをトリガーとし、連動した別の装置を起動させることが可能です。

ボムスロット

メトロイドプライム3 コラプション

ログブック

モーフボール状態で、スロットに密着してボムを使用することで、ボムスロットの作動が可能です。
爆発エネルギーにより連動する装置を起動します。


書籍

ボムジャンプを使って中央の穴にはまり、その状態でボムを仕掛けると作動する。ロックの解除などに使われることが多い。

任天堂公式ガイドブック メトロイドプライム2 ダークエコーズ


モーフボールでちょうど入れる大きさのくぼみのあいた装置で、多くの場合は、作動させることで、別の装置が現れたり通路が現れたりする。ジャンプやボムの爆風を利用したジャンプで、くぼみに入ってボムを設置することで作動させることができる。

形状はさまざまだが、どのボムスロットも作動に必要なボムは1つと決まっている。

任天堂公式ガイドブック メトロイドプライム3 コラプション


登場作品

ギャラリー

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。