FANDOM




銀河連邦』(Galactic Federation) は、『メトロイドシリーズ』の宇宙における統治組織。各惑星の代表者によって構成された機関で、銀河社会の安定を目的とした様々な活動が行われている。

解説

コスモ歴2003年、星間連絡船を利用した宇宙空間の長距離移動の実現によって異文化間の交流が盛んに行われ、銀河社会はかつてない繁栄の時代を迎えていた。こうした社会的背景を受け、銀河社会の平和・安全の維持、各種族間の友好関係の発展などを目的として、各惑星政府の代表者によって構成された民主制の巨大統治機関、銀河連邦が創設された。

機関

銀河連邦議会
Opening Cutscene 08 MSR

銀河連邦議会 (サムスリターンズ)

銀河連邦の主要な行政機関。各惑星の代表者が一堂に会し、連邦本会議場において評議が行われている。最高議長はキートン、前議長はヴォーグル。漫画版『メトロイド』では銀河首都ダイバンが議会本部の設立地とされているが、詳細は不明。
腕利きのバウンティーハンターサムス・アランが遂行した2つの重要な任務_マザーブレインの破壊を最終目的とした「ゼロミッション」と、SR388に生息するメトロイドの殲滅任務は、この銀河連邦議会の場で評議・決定された。
銀河連邦軍
銀河連邦に属する軍事組織。多数の兵員と強力な兵器を保有しており、様々な惑星に基地を建設している。スペースパイレーツなどの敵対勢力や対抗しうる唯一の軍事力行使機関。

銀河連邦警察

銀河連邦勢力圏内の治安維持を目的とした警察組織。ハーディが長官を務める。
宇宙科学アカデミー
銀河連邦の管轄化にある主要研究機関。かつては宇宙空間に存在する巨大人工施設、スペースコロニー内部に設置されていたが、リドリー率いるパイレーツ戦闘部隊の襲撃を受けて施設が壊滅。後に銀河連邦本部のある施設内に移転された。

登場作品

ギャラリー

豆知識

  • 任天堂のレーシングゲーム『F-ZEROシリーズ』には、『銀河宇宙連邦』という組織が存在する。背景に共通点も見られるため世界観を共有しているように捉えられることもあるが、別物である。

脚注

  1. 『ゼロミッション』取扱説明書より。