FANDOM




銀河連邦』(Galactic Federation) は、『メトロイドシリーズ』の宇宙における統治組織。各惑星の代表者によって構成された行政機関で、銀河社会の安定を目的とした様々な活動が行われている。

解説

The Galactic Federation HQ MOM

銀河連邦本部 (Other M)

コスモ歴2003年、星間連絡船を利用した宇宙空間の長距離移動の実現によって異文化間の交流が盛んに行われ、銀河社会はかつてない繁栄の時代を迎えていた。こうした社会的背景を受け、銀河社会の恒久平和維持、各種族間の友好関係の発展などを目的として、各惑星政府の代表者によって構成された民主制の巨大統治組織、銀河連邦が創設された。

銀河連邦議会を中心とした大規模な立法・行政機関であり、連邦に加盟した種族と積極的に協力関係を築き、広大な宇宙においてその勢力圏を拡大している。直属組織として銀河連邦軍銀河連邦警察などの軍事・警察機関が存在し、スペースパイレーツなどの犯罪組織の取り締まりや、銀河社会の脅威に対する軍事的行動を取る権限が付与され、様々な場所に拠点を置いて治安維持活動を行っている。また、銀河連邦および銀河連邦軍は、サムス・アランをはじめとしたアウトローのバウンティ・ハンターを雇用し、実行が困難な任務を依頼することも多い。依頼者に対しては物資・戦術面でのバックアップも随時行い、任務達成時には多額の報酬を確約している。

機関

銀河連邦議会
Opening Cutscene 08 MSR

銀河連邦議会 (サムスリターンズ)

銀河連邦の主要な行政機関。各惑星の代表者が一堂に会し、連邦本会議場において評議が行われている。最高議長はキートン、前議長はヴォーグル。漫画版『メトロイド』では銀河首都ダイバンが議会本部の設立地とされているが、詳細は不明。
腕利きのバウンティーハンターサムス・アランが遂行した2つの重要な任務_マザーブレインの破壊を最終目的とした「ゼロミッション」と、SR388に生息するメトロイドの殲滅任務は、この銀河連邦議会の場で評議・決定された。
銀河連邦軍
銀河連邦に属する軍事組織。多数の兵員と強力な兵器を保有しており、様々な惑星に基地を建設している。スペースパイレーツなどの敵対勢力や対抗しうる唯一の軍事力行使機関。

銀河連邦警察

銀河連邦勢力圏内の治安維持を目的とした警察組織。ハーディが長官を務める。
宇宙科学アカデミー
銀河連邦の管轄化にある主要研究機関。かつては宇宙空間に存在する巨大人工施設、スペースコロニー内部に設置されていたが、リドリー率いるパイレーツ戦闘部隊の襲撃を受けて施設が壊滅。後に銀河連邦本部のある施設内に移転された。

組織の腐敗

Samus Menu Pose M1 ネタバレ要素を確認: 以降の記述には、ゲーム・漫画などの核心部分について記述されている可能性があります。
へッ!同じ知的生物 (ヒューマノイド) だと~? オメデたいね~ 実際に"知的生物"と"連邦"から認められている種族が どれだけいるか わかってんのか エ~!?
ゼーベス星人P-1


銀河社会の恒久平和のために活動する利他主義的組織として機能している銀河連邦だが、近年のシリーズ作品では、組織内で横行する暗部・過激派の存在や、それに伴い組織が抱える数多くの問題点が明らかにされつつある。特に軍事的権限を持つ銀河連邦軍の腐敗が顕著であり、サムス・アランが任務遂行中に、支援を行う連邦軍に対して不信感を募らせる場面も散見される。

漫画版『メトロイド』第5話「危機」では、銀河連邦警察に逮捕され捕虜として尋問を受けていたゼーベス星人P-1が、銀河連邦が組織に加盟できる知的生物 (ヒューマノイド) を恣意的・差別的に選定しており、また実際の組織統治者は一握りの種族だけに限定されていると非難していた。事実、その場に居合わせていたモークの種族は下等生物として差別され、クリーツの種族は民族間戦争の責任を問われて不当な弾圧を受けた過去があった。ただし、このP-1の証言はパイレーツ側の憶測や誇張表現を交えたものであり、いささか信憑性に欠けることも考慮すべきである。

メトロイドプライム ハンターズ』に登場するサイラックスは、銀河連邦を激しく憎み敵視しているという設定がある。一方、彼が着用しているパワードスーツと、携行武器のショックコイルはどちらも銀河連邦製の試作装備を改造したものである。これらの事実から、サイラックスはかつて銀河連邦の軍事組織に所属していた人物であり、組織に対する不信感・憎悪の念などを理由に連邦から離反した可能性がファンによって指摘されており、その原因として組織内に何らかの大きな問題があったものと推測される。

メトロイドプライム3 コラプション』の銀河連邦軍は、人体に有害な放射性物質であるフェイゾンを軍事転用したフェイゾン強化装置 = PEDの開発を行っていた。装置の実用化にも成功しており、人体への悪影響は確認されていなかった。しかし、PEDの安全性を過信した連邦軍の科学者たちはフェイゾンの危険性を軽視していた節があり、効率化を理由にサムスやハンター達にPEDを提供したことが、悲劇的な結果に繋がってしまった。

METROID Other M』劇中では、銀河連邦軍の過激派組織の存在と、その恐るべき陰謀の全容が明らかとなった。過激派組織は辺境宙域に廃棄されたボトルシップ施設内において、スペースパイレーツをモデルとした特殊部隊の研究開発計画を秘密裏に推進していたのである。この特殊部隊はゼーベスなど別の惑星から移送した野生動物・エイリアンを中心に構成されており、生体調整やサイボーグ化手術を施された生体兵器として使役されていた。生体兵器の使用は銀河連邦の定めた法律により厳格に禁じられているため、この研究計画は明らかな違法行為である。さらに施設奥部に位置するセクターZEROにおいて、細胞組織から復元したメトロイドの増殖にも成功しており、マザーブレインと同等の人工知能を持つアンドロイド、MBの持つ精神感応力によってメトロイドを制御・軍事利用する計画を同時に企てていた。

しかし、メトロイドとの交信や、研究主任のマデリーン・バーグマンとの会話を通して自我・感情に近いものが芽生えたMBは、次第に研究所員達と意見が対立するようになった。これが計画実行の支障となると考えた過激派は、MBの思考プログラムの再調整を強行。この非人道的な行為によって人間に対する不信感・憎悪が頂点に達したMBは反旗を翻し、特殊部隊を率いて研究員たちを虐殺。生体兵器とボトルシップのコントロールを完全に掌握し、銀河連邦に対して復讐を果たそうと画策した。この不祥事に際して、過激派の首謀者はボトルシップに残された生存者の安否確認を行わず、セクターZEROのメトロイドを回収した後、外部から攻撃を加えて施設を破壊し、真実を揉み消しすべてを隠蔽しようと企んだ。だが、アダム・マルコビッチ率いる銀河連邦軍第07小隊サムス・アランの介入によってボトルシップの研究計画は白日の下に晒され、事件から生還したマデリーンの証言を基に、連邦軍過激派に対しては然るべき処置が成されたものと考えられる。

登場作品

ギャラリー

豆知識

  • 任天堂のレーシングゲーム『F-ZEROシリーズ』には、『銀河宇宙連邦』という組織が存在する。背景に共通点も多く見られるために同一の組織として捉えられることもあるが、世界観が異なるため実際は別物である。

脚注

  1. 『ゼロミッション』取扱説明書より。