FANDOM



鳥人像』(Chozo Statue) は、鳥人族の遺跡に数多く残されている造形物。『鳥人族の像』とも呼称される。

解説

銀河でも有数の先進種族である鳥人族が、自身の姿を模して製造した彫像。かつて鳥人族が居住していた惑星・遺跡内部に設置されていることが多く、ゼーベスSR388ターロンⅣエリシアなど、様々な惑星でその存在が確認されている。多くの鳥人像は、臀部を床に着け、両脚の膝を立てて踵を合わせた状態で床の上に座している。さらに両手を前に差し出し、手の上にアイテムボールを乗せていることが多い。他にも様々な体勢の鳥人像が確認されている。

デバイスとしての機能が組み込まれているものも多く、鳥人像の手の上でサムスがモーフボールに変形すると、仕掛けを起動して隠しエリアを開放したり、エネルギーを補給したりするなど、様々な恩恵が得られる場合がある。

鳥人族の持つ高度なバイオテクノロジーが導入されており、クローン生物 (レプリカント) としての特徴も持ち合わせている。財宝の警備や、要人の警護のために製作されたものとされており、外敵の侵入を察知すると仮死状態が解除されて起動、侵入者の排除を行うようプログラミングされている。大半の鳥人像は老朽化によって機能不全となっている可能性が高く、鳥人族のDNAを持つサムスは基本的には敵視されていないためか、彼女が鳥人像に襲われることはめったにない。

各作品における特徴

メトロイド

初登場。要塞惑星ゼーベスブリンスタノルフェアの様々な場所に設置されており、手の上にアイテムを持った状態で待機している。鳥人像のある部屋はレッドゲートで封鎖されており、ミサイルを5発以上所持していなければ部屋に入ることができない。

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS

Chozo Statue M2

遺跡に設置された鳥人像。

SR388の地下遺跡内部に数多く設置されている。前作と同様にアイテムボールを手に持ち、座った状態で設置されている。鳥人像のある部屋は、レッドゲートで封鎖されている。
また、地下洞窟の最深部には朽ち果てて崩れ落ちた状態の鳥人像も存在する。経年劣化によるものなのか、第三者に破壊されたものなのか、破壊された詳細な原因は不明。像の付近にはアイスビームがある。

スーパーメトロイド

Chozo Statue SM

ノルフェアに設置された鳥人像。アイテムボールにはグラップリングビームが内包されている。

バトル鳥像とはクレテリアで、金色のバトル鳥像とはノルフェアで交戦することとなる。二体の攻撃パターンはほぼ共通しており、いずれも引っ掻き攻撃、引っ掻きから派生する衝撃波、火柱を発生させる爆弾、目から発射される丸いビームを使っての攻撃が主。ただし金色のバトル鳥像はスーパーミサイルを掴んで投げ返してきたり、ミサイルを回避したりと、バトル鳥像に比べてかなり高い戦闘能力を持っている。
クレテリアのバトル鳥像はダメージを与えると顔面が崩れて攻撃と移動の速度が上がり、金色のバトル鳥像は色がくすんで通常の鳥像と同じ色合いになる。
なおクレテリアのバトル鳥像からはボムが入手可能。一方金色のバトル鳥像は突然ノルフェア深部の天井から落ちてくるため、特にアイテムを所持していない。
また、本作には手の上に乗ることで様々な効果が得られる特殊な鳥人像も存在する。難破船に設置された直立状態の鳥人像

難破船では、床面に棘が敷き詰められた通路の先に直立した状態の鳥人像が存在する。この像の手の上でモーフボール状態で乗ると起動し、モーフボールを手の中にしっかり固定した状態で二足歩行を開始する。しばらく歩き続けた後、階段状の地形を通過して、通常進入できない棘の下に隠されたエリアに到達し、隅にあるブルーゲート前に突き当たると停止してサムスを解放する。ゲートの奥にはアイテム『グラビティスーツ』が存在する。

メトロイド フュージョン

BIOLOGIC宇宙生物研究所において、2体の鳥人像が出現。いずれもXが擬態した姿であり、オリジナルとは異なる性質を持っている。
1体はセクター1 SRXに存在する。『スーパーメトロイド』の個体とよく似た座った状態の像で、この鳥人像の手にはアイテムボールによく似たオレンジ色の球体が置かれており、ビームを当てるとモーフボールに似たアイテムに変化する。この物体は取得することはできない上に、接触するとダメージを受けてしまう。ボールにビームを当てた後に擬態を解除して、コア-Xに変化してサムスに襲い掛かってくる。外殻を破壊して吸収することでチャージビーム能力が覚醒する。
もう1体はセクター2 TROに存在する。こちらは金色の起立した像で、サムスイーターのツタが絡まっている。ダメージを与えると徐々に壊れ、プラズマビームで反撃するようになる。鳥人像を破壊するとコア-Xになり、倒すとプラズマビームの能力を得られる。英名は"Nettori"。

メトロイド ゼロミッション

過去作品と同様、両手にアイテムを持った状態で様々な場所に設置されている。本作の鳥人像は、目の部分が従来のものとは大きく異なっている。また、本作の鳥人像の手の上でモーフボール状態になると、サムスのエネルギーおよび各種アモを全回復させることができる。この時、一部の鳥人像はマップデータに次の目的地を指し示してくれる。

メトロイド サムスリターンズ

Chozo Statue MSR

地表に設置された鳥人像。アイテムボールの中身はモーフボール

SR388の遺跡内部に、アイテムボールを手の上に乗せた状態でのものが多数設置されている。鳥人像が置かれた部屋はレッドゲートで封鎖されている。

メトロイドプライム

エルダー大聖堂フロストシャーマンなどに設置されている。長老エルダーシャーマンをかたどった像となっており、チョウゾの伝承では墓や神殿の守護を目的とした彫像とされている。白く発光している手の部分に球体デバイスを装着すると起動し、様々なアクションを行う。

メトロイドプライム3 コラプション

惑星ブリオ西ブリオニアン遺跡に、ブリオニアンと鳥人族の交流を祝った巨大な鳥人像が存在する。その手にはスクリューアタックが置かれている。

オフィシャルデータ

取扱説明書

古代文明の遺産で、神として祭られていた像だ。この像の手の上にアイテムボールが置かれている。

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS 取扱説明書


古代文明の遺産です。手の上のアイテムボールにビームなどを当てると、中からアイテムが現れます。

メトロイド サムスリターンズ 電子説明書


書籍

鳥人像 / ゼーベス星全域 / 体長: 約7フィート

ゼーベス星の先住生物「鳥人族」のバイオテクノロジーが産んだクローン生物(レプリカント)。発達した上半身を持ち、人間同様の2足歩行で骨格も酷似している。財宝の警備や、要人の護衛などのために生成されたと考えられており、外敵の侵入などによって一種の仮死状態が解除される。知覚神経を取り除かれているため、まったく痛みを感じないので循環器系を破壊しなければ機能を停止できない。

ゲーム・オン! 1994年5月号 スーパーメトロイド特集 THE BIOLOGY OF ALIENS


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

惑星ゼーベスなどに点在し、
サムスにパワーアップ
アイテムを分け与える。
鳥人族は、かつて銀河に
一大文明を誇っていた。
種としての限界を感じた時
銀河の未来をサムスに
託したと伝えられる。
サムスのパワードスーツの
フォルムは、鳥人族の像と
通ずるところがある。

大乱闘スマッシュブラザーズDX フィギュア説明文


登場作品

ギャラリー

関連項目