この勇ましき者に、エーテルの光あれっ!

U-Mos


U-Mos』 は、惑星エーテルに住まうルミナス族の現在の族長である。

人物

メトロイドプライム2 ダークエコーズ』の舞台である惑星エーテルに住まうルミナス族の現在(5代目)の族長。ルミナス族の体型に違わず、サムスの約3倍[要出典]程度の大きさである。推定年齢はエーテル周期で225サイクル(地球で約675年相当)でルミナス族の老年期に当たる。ルミナス族に特徴的な羽を使った浮遊能力で移動を行う。

隕石によって別次元の同座標に生まれた相似形を成す惑星ダークエーテルから、ポータルを介して侵略しに来たイング族に対し、ルミナス族は戦ってきたが、惑星エーテルのエネルギーを管理する、同惑星にある4つのエネルギー制御装置のうち、ルミナセウスを除く3つからイング族によってエネルギーが奪われてしまう。成す術の無い残ったルミナス族はコールドスリープに入り、見守り役のU-Mosと僅かな衛兵のみ活動個体として残っていた。しかしながらサムスがやってきた時には活動個体はU-Mosのみになっていた。

ブラボー中隊調査に来たものの、シップが破損し、磁気嵐で荒れるエーテルから脱出できないサムスは、惑星エネルギーを運搬できるエネルギー転送モジュールを偶然手にし、U-Mosの元を訪れる。U-Mosは最後の望みと称し、サムスにイング族からの惑星エネルギー奪還を依頼した。サムスの活躍でエーテル安定後はエーテルの再生にルミナスの一族は従事している。

U-Mosを攻撃すると、周囲に球形の水色のシールドを展開し攻撃を無効化するが、ライトスーツ解放時のみこのシールドを展開しない(攻撃は無効化される)。母は3代目族長のV-Mos。惑星エーテルに隕石が降って来たのはU-Mosが青年の頃だったという[1]

オフィシャルデータ

ログブック

U-Mos

メトロイドプライム2 ダークエコーズ

スキャン

エイリアン形態:ルミナス
惑星エーテルに生息する、高度な文明を持った生命体。
標体の推定年齢は、エーテル周期に換算して225サイクル。 ルミナスの老年期に当たります。

ログブック

ルミナスは昆虫タイプの生物から進化し、惑星エーテルに独自の文明を築いた生命体です。
性質は、温厚で平穏を好みます。
高度の思考力と高度の身体能力を有する他、羽を使った浮遊能力や一種のサイコキネシスを使うことも可能です。
各個体ごとに認識名を持ち、スキャン対象標体の認識名は会話記録から「U-Mos」と判明しました。
唯一の活性生命反応個体です。


取扱説明書



書籍


登場作品

脚注

  1. 青年期・老年期が人の20・65歳相当とすると約156サイクル(地球換算約467年)前に隕石がエーテルに衝突したことになる。一方で『プライム3』の銀河連邦ログに『惑星エーテルに「フェイゾン隕石」が衝突したのは、今から50年前』とあるため、この「50年前」は地球換算では無いと考えられる。
ルミナスに関連する項目
人物 U-Mos | J-Gnk | V-Mos | Q-Cis | X-Qar
A-Kul | B-Stl | G-Sch | J-Stl | S-Dly | C-Rch | D-Isl | J-Fme | M-Dhe | S-Jrs
I-Sha | A-Voq | O-Lir
K-Tch | B-Stz | E-Btr | C-Pul | D-Chr
装備 ダークビーム | ライトビーム | アナイアレイタービーム | ビームアモタンク | サンバースト | ダークバースト | ソニックブーム | ダークスーツ | ライトスーツ | グラビティブースト | ダークバイザー | エコーバイザー | シーカーミサイル | エネルギー転送モジュール
メカノイド パッファー | グロウバグ | レクタンギュラー | オクトピード | メカクロプス | メケノバイト | ウォッチドローン | レズビット | スプリッターヘッド | スプリッターレッグ | イングスマッシャー | ルミナスタレット | ケアテイカー | セントリアイ | クアドラアクシス | Airthorn
技術 ピーピングライト | ピーピングダーク | ライトパフ | ライトクリスタル | セーフゾーン | ライトリフトクリスタル | ダークリフトクリスタル | リフトバインクリスタル | ルミナスドア | エーテルの光(惑星エネルギー) | ライトエネルギー | エネルギー制御装置 | ポータル(ポータル発生装置 / 空間の歪) | テレポートシステム | ソーラーレンズ | ソニック式セキュリティ | 軌道ユニット | 採掘用ドリル ...
文化 エーテル | ルミナスの記録 | ルミナス文字
その他 精鋭部隊の記録 | A-Kulの刻みし言葉 |
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。